基本情報

写真a

堀内 仁


職名

准教授

国籍

日本

メールアドレス

メールアドレス

研究分野

- 日本語言語学(特に、日本語の統語論、形態論、語彙意味論)
- 日本語教育文法
- 文化と言語の教育

最近の活動

学習者言語に関するコーパス基盤型・コーパス駆動型研究

学歴(学部) 【 表示 / 非表示

  • 明治学院大学  国際学部  国際学科

    大学,1991/03,卒業,日本

学歴(大学院) 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  総合文化研究科  言語情報科学

    修士課程,1999/03,修了,日本

  • テキサス大学オースティン校  言語学科

    博士課程,2006/12,修了,アメリカ合衆国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士, 国際学,明治学院大学,1991/03

  • 修士, 言語学,東京大学,1999/03

  • 博士, 言語学,テキサス大学オースティン校,2006/05

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学 グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院) 日本語教育実践領域,助教,2009/06 ~ 2013/03

  • 国際教養大学 グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院) 日本語教育実践領域,准教授,2013/04 ~ 継続中

  • 国際教養大学 国際教養学部 日本語プログラム,准教授,2017/04 ~ 継続中

職歴 【 表示 / 非表示

  • 東京学院日本語科,非常勤講師,1990/04 ~ 1991/03

  • 学旺日本語学校,非常勤講師,1992/04 ~ 1997/07

  • 早稲田文化館日本語学校,非常勤講師,1999/04 ~ 1999/08

  • International Training System,非常勤講師,2000/01 ~ 2000/06

  • テキサス大学オースティン校,指導助手,2000/10 ~ 2001/06

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育学会,1996/04 ~ 継続中,日本

  • 全米日本語教師学会,2000/04 ~ 継続中,アメリカ合衆国

専門分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学

  • 日本語教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A corpus-based analysis of the paradigmatic development of semi-polite verbs in Chinese and Korean learners of Japanese, Journal of Japanese Linguistics ,30巻 (頁 55 ~ 76) ,2014,Hitoshi Horiuchi

    研究論文(学術雑誌),単著,英語

  • A corpus-based analysis of non-standard polite forms of verbs in English, Chinese, and Korean learners of Japanese,Akita International University Global Review ,6巻 (頁 78 ~ 107) ,2014,Hitoshi Horiuchi

    研究論文(学術雑誌),単著,日本語教育,日本語学,英語

  • 「を通じて」と「を通して」:BCCWJに基づく分析と例文作り,2016年度第7回日本語教育学会研究集会予稿集 (頁 21 ~ 26) ,2016/11,堀内仁

    研究論文(その他学術会議資料等),単著,日本語

  • Impact of the Action Research Experience on Novice Language Teachers,Proceedings of the Seventh CLS International Conference7号 (頁 316 ~ 329) ,2016,Akiko SUGIYAMA, Atusko SAJIKI, Hitoshi HORIUCHI

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,英語

  • Teaching Practicum and Action Research in the Japanese Language Teaching Practices Program,国際教養大学専門職大学院 グローバル・コミュニケーション実践研究科 日本語教育実践領域 実習報告論文集 第5号,2014/09,Hiromi Sano, Akiko Sugiyama, Hitoshi Horiuchi

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,英語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育実践,凡人社,2014/05,鮎澤孝子,堀内仁 他

    単行本(学術書),共著,日本語

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2014/04 ~ 2017/03,コーパスを利用した日本語述語形式の発達に関する学習者言語研究と日本語教育への応用

  • 基盤研究(B),2013/04 ~ 2016/03,英日中国語ウェブ誤用コーパス構築と母語を踏まえた英語/日本語/中国語教授法開発

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学専門職大学院日本語教育実践領域のプログラム評価,2016/04 ~ 継続中,学内共同研究

  • 英日中国語ウェブ誤用コーパス構築と母語をふまえた英語・日本語・中国語教授法開発,2013/04 ~ 2016/03,東京外国語大学,国際共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 8th International Conference on Practical Linguistics of Japanese,国際会議,2014/03,日本語学習者の非標準的丁寧体動詞のパラダイムの発達:縦断的発話コーパスデータの場合,口頭(一般),日本語教育,日本語学

  • The 2012 International Conference of Japanese Language Education,国際会議,2012/08,日本語学習者による「です」と「ます」の文法,口頭(一般),日本語教育,日本語学

  • The 2012 International Conference of Japanese Language Education,国際会議,2012/08,アクションリサーチの手法を取り入れた専門職大学院教育実習の試み,ポスター(一般),日本語教育

  • The 19th Princeton Japanese Pedagogy Forum,国際会議,2012/05,英語圏学習者による「です」と「ます」の文法,口頭(一般),日本語教育,日本語学

  • CAJLE 2011 Annual Conference,国際会議,2011/08,日本語教育におけるノダ文の扱いをめぐって:周辺的な用法から中心的な意味へ,口頭(一般),日本語教育,日本語学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,秋学期,JLT601-1_F,日本語教育初級文法 I

  • 2017年度,秋学期,JLT604-1_F,日本語教育の教材・教具

  • 2017年度,秋学期,JLT650-1_F,日本語教育実践計画

  • 2017年度,春学期,JLT614-1_S,日本語教育初級文法 II

  • 2017年度,春学期,JLT652-1_S,日本語教育実践研究(海外)と修了論文

全件表示 >>

教育活動 【 表示 / 非表示

  • 大学院生への学会発表論文指導,2015/01 ~ 継続中

  • AIUグローバルセミナーでの講義,2013/08

  • アクションリサーチの手法を取り入れた専門職大学院教育実習の試み ,2012/08

  • 秋田県立大学秋田キャンパスでのAIU特別研究員への日本語教育アドバイザー,2011/10 ~ 2013/03

  • 「国際教養大学専門職大学院グローバル・コミュニケーション実践研究科日本語教育実践領域実習報告論文集」の編集と記事の寄稿,2010/08 ~ 継続中

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 秋田日本語教育研究会,2015/11 ~ 継続中

    研究発表や話題提供を通じて、秋田県内の日本語教育関係者と身近な教育に関する問題や関心について話し合う場を提供する。

  • 静岡県立沼津東高校での出張講義 ,2013/10

    静岡県立沼津東高校生への出前講義

  • 本荘高校生への学内特別講義,2013/08

    秋田県立本荘高校生への特別講義

  • 横手高校生への学内特別講義,2013/08

    秋田県立横手高校生への特別講義

  • 秋田県男女共同参画委員,2012/12 ~ 継続中

    秋田県男女共同参画委員として会議に出席

全件表示 >>