基本情報

写真a

Mark DE BOER


職名

講師

国籍

カナダ

研究分野・キーワード

Dynamic Assessment, Online learning

メールアドレス

メールアドレス

研究分野

Dynamic Assessment

学歴(学部) 【 表示 / 非表示

  • York University  理工学部  Biology

    大学,1991/04,卒業,カナダ

  • York University  理工学部  Chemistry

    大学,1992/04,卒業,カナダ

学歴(大学院) 【 表示 / 非表示

  • University of Birmingham  言語教育研究科  Teaching English as a Foreign Language

    修士課程,2009/07,修了,グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学 国際教養学部 英語集中プログラム,講師,2016/04 ~ 継続中

職歴 【 表示 / 非表示

  • University of Birmingham CELS,職員(その他),2009/04 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • JALT,2002/09 ~ 継続中,日本

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The role of multimodal mediational means in assessment for learning in a CLIL classroom: An argument for a hard-CLIL approach,The role of multimodal mediational means in assessment for learning in a CLIL classroom: An argument for a hard-CLIL approach,2020,Leontjev, D., deBoer, M.

    研究論文(学術雑誌),共著,英語

著書 【 表示 / 非表示

  • Critical, constructive assessment of CEFR-informed language teaching in Japan and beyond,Cambridge,2017/09,O'Dwyer, Hunke, Imig, Nakai

    単行本(学術書),155-174,共著,英語

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Thinking, doing, learning: Usage based perspectives on second language learning,国際会議,2019/06,University of Jyväskylä, Finland,I can't understand why summer and spling is higher. What do you think about it?: Co-constructing understanding,口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,春学期,ENG150-2_S,英作文Ⅱと図書館調査手法序論

  • 2020年度,春学期,EAP104-B_S,EAP アカデミック リーディング

  • 2020年度,春学期,ENG150-6_S,英作文Ⅱと図書館調査手法序論

  • 2020年度,春学期,EAP104-E_S,EAP アカデミック リーディング

  • 2019年度,秋学期,ENG150-3_F,英作文Ⅱと図書館調査手法序論

全件表示 >>