基本情報

写真a

豊田 哲也


職名

副機構長

国籍

日本

研究分野・キーワード

近代国際法史、地域経済統合組織論

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

学歴/ DEA(パリ第二大学大学院国際法研究科)、東京大学法学部卒
略歴/ 外務省(1994-2000)、東京大学COEプログラム特任研究員(2006-2007)、国際教養大学講師等(2007-)、米国ウィルソンセンター・フェロー(2013-14)、2014年4月より現職。

研究分野

- modern history of international law
- territorial disputes in East Asia
- regional cooperation in East Asia

最近の活動

Presentations at Academic Conferences in 2013
- “Taking Justice Seriously in East Asian Islands Disputes" at Uppsala University's East Asia Program's annual conference (hosted by the Diplomatic Academy of Vietnam) at Hanoi on Oct. 19, 2013.
- “International Law versus Historical Justice in Territorial Disputes in East Asia?" at the American Society of International Law's mid-year research forum at New York on November 1, 2013.
- “Territorial Disputes and the Possible Return to Pre-Modern International Law in East Asia" at the Asian Society of International Law's biennial conference at New Delhi on November 15, 2013.

Since 2011, he is visiting Vladivostok one or twice a year for lectures at the School of Regional and International Studies of the Far Eastern Federal University and is a visiting professor since October 2012 for the international relations master's program there.
He is a fellow at the Woodrow Wilson International Center for Scholars from August 5, 2012 to April 12, 2013 to work on the research topic of "Reconsidering the International Territorial Law in East Asia."

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学 アジア地域研究連携機構,副機構長,2015/04 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • "UN Peacekeeping as the Most Presentable Part of Japans 2015 Peace and Security Legislation",Journal of International Peacekeeping,20巻 (頁 21 ~ 36) ,2016/12,Tetsuya Toyoda

    研究論文(学術雑誌),単著,英語

  • "Chapter 8. For More Student Exchanges Between Russia and Japan",Russia and Japan - Looking Together into the Future (頁 85 ~ 91) ,2016/09,Tetsuya Toyoda

    研究論文(学術雑誌),単著,英語

  • アジアの自然保護地域制度の営造物型から地域制型への発展,アジア地位研究連携機構紀要1号 ,2015/06,TOYODA Tetsuya

    研究論文(学術雑誌),単著,日本語

  • 法学教育におけるグローバル化の課題,国際教育19号 (頁 137 ~ 139) ,2013,豊田哲也

    研究論文(学術雑誌),単著,日本語

  • 「新旧グローバル化と国際法のパラダイム転換」,日本国際経済法学会年報20号 (頁 154 ~ 167) ,2011,豊田哲也

    研究論文(学術雑誌),単著,日本語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 国際社会,有斐閣,2008,小寺彰=道垣内正人(編)

    単行本(学術書),「いわゆる『非拘束的合意』についての一考察」,単著,日本語

  • 国際法学の地平,東信堂,2008,中谷和弘(編)

    単行本(学術書),中世キリスト教神学における正戦論の非国家的性格について,単著,日本語

  • 安全保障と国際犯罪,東京大学出版会,2005,中谷和弘=山口厚(編)

    単行本(学術書),「『国家の国際犯罪』の責任主体」,単著,日本語

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環境研究総合推進費・委託費,2014/04 ~ 2017/03,持続的地域社会構築の核としての自然保護地域の評価・計画・管理・合意形成手法 の開発

    環境省

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 6th Godang International Conference on Law,国際会議,2016/11,Soongsil University,"Leibniz’s Concept of Res Juris Gentium: Political Theorization of State-Centric International Law Beyond Time",口頭(一般)

  • 国際法学会研究大会,国内会議,2016/09,静岡県コンベンションアーツセンター,「19世紀東アジアの国際秩序再編と近代国際法システムの特殊性の起源 (Restructuring of the International Order in the 19th-Century East Asia: One of Origins of the Peculiarity of the Modern System of International Law)」,口頭(一般)

  • ISA Asia-Pacific conference,国際会議,2016/06,City University of Hong Kong,"A Japanese Diplomat and the Concept of Civilization in the PCIJ Statute in 1920",口頭(一般)

  • Asian Society of International Law’s biennial conference,国際会議,2013/11,New Delhi,“Territorial Disputes and the Possible Return to Pre-Modern International Law in East Asia",口頭(一般)

  • American Society of International Law’s mid-year research forum,国際会議,2013/10 ~ 2013/11,“International Law versus Historical Justice in Territorial Disputes in East Asia?”,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,冬期プログラム,GSP359-1_W,GS特別講義50:オーストラリアのアジア外交政策

  • 2017年度,冬期プログラム,INT331-1_W,BE学際研究特別講義30

  • 2017年度,秋学期,PLS105-1_F,こまち寮セミナー

  • 2017年度,秋学期,LAW160-1_F,日本国憲法と法

  • 2017年度,秋学期,PLS245-1_F,国際法と国際機構

全件表示 >>