基本情報

写真a

奈良 寧


職名

教授

国籍

日本

研究分野・キーワード

原子核理論

ホームページ

http://www.aiu.ac.jp/~ynara

研究分野

My main interest is to explore and understand the ultimate properties of matter at extreme conditions such as the matter just after the Big-Bang. High energy nuclear collisions can create such hot and dense matter which was existed just after the Big-Bang. This state of matter is called Quark-Gluon Plasma (QGP). QGP is a new form of matter; protons and neutrons are melted to quarks and gluons. In particular, I am interested in understanding a spacetime evolution of matter created in the nuclear collisions.

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学 国際教養学部 基盤教育 数学・自然科学,教授,2013/04 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,1993/04 ~ 継続中,日本

専門分野 【 表示 / 非表示

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Examination of directed flow as a signature of the softest point of the equation of state in QCD matter,Physical Review,C94巻 5号 (頁 034906-1 ~ 034906-2) ,2016/09,Yasushi Nara, Harri Niemi, Akira Ohnishi,Horst Stoecker

    DOI:10.1103/PhysRevC.94.034906,研究論文(学術雑誌),共著,英語

  • Effects of hadronic rescattering on multistrange hadrons in high-energy nuclear collisions,Physical Review,C92巻 4号 (頁 044907-1 ~ 044907-12) ,2015/10,Shiori Takeuchi, Koichi Murase,Tetsufumi Hirano, Pasi Huovinen, Yasushi Nara

    DOI:10.1103/PhysRevC.92.044907,研究論文(学術雑誌),共著,英語

  • Forward Hadron Productions in high energy pp collisions from a Monte-Carlo generator for Color Glass Condensate,Physical Review,D91巻 014006号 (頁 014006-1 ~ 014006-10) ,2015/01,Wei-Tian Deng, Hirotsugu Fujii, Kazunori Itakura, Yasushi Nara

    DOI:10.1103/PhysRevD.91.014006,研究論文(学術雑誌),共著,英語

  • Structure of longitudinal chromomagnetic fields in high energy collisions,Physics Letter,B734巻 (頁 7 ~ 12) ,2014,A. Dumitru, T. Lappi, Y. Nara

    DOI:10.1016/j.physletb.2014.05.005,研究論文(学術雑誌),共著,英語

  • Magnetic screening in high-energy heavy-ion collisions,Physical Review,D88巻 (頁 031503) ,2013/08,Adrian Dumitru, Hirotsugu Fujii, Yasushi Nara

    DOI:10.1103/PhysRevD.88.031503,研究論文(学術雑誌),共著,英語

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2017/04 ~ 2020/03,高エネルギー原子核衝突反応の統合模型の構築とQGP物性物理

  • 基盤研究(C),2017/04 ~ 2020/03,高エネルギー原子核衝突のための微視的輸送理論によるイベントジェネレータの開発

  • 基盤研究(C),2015/04 ~ 2018/03,宇宙線と星間ガスや大気の相互作用終状態を広帯域で再現するシミュレータの開発

  • 基盤研究(C),2015/04 ~ 2017/03,J-PARCエネルギー重イオン衝突におけるハドロン輸送再考

  • 基盤研究(B),2010/04 ~ 2014/03,超高エネルギー宇宙線と地球大気相互作用の量子色力学に基づく定量的 解析

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会 第72回年次大会(2017年),国内会議,2017/03,大阪大学(豊中キャンパス),高エネルギー重イオン衝突における粒子生成のイベントジェネレーターによる解析,口頭(一般)

  • 日本物理学会2016年秋季大会 ,国内会議,2016/09,宮崎大学 木花キャンパス,相転移の効果を取り入れたハドロン輸送模型によるdirected flowの解析,口頭(一般)

  • YIPQS Long-term workshop Computational Advances in Nuclear and Hadron Physics (CANHP 2015), Computational Physics for High-Energy Heavy-Ion Collisions ,国際会議,2015/10,Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto University,Numerical simulations in high energy nuclear collisions,口頭(一般)

  • Quark Matter 2015, XXV International Conference on Ultrarelativisitc Hnucleus-Nucleus Colliions,国際会議,2015/09 ~ 2015/10,Kobe Fashion Mart, Japan,Does non-monotonic behavior of directed flow signal the onset of deconfinement ?,口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,秋学期,MAT150-1_F,代数学

  • 2017年度,秋学期,PHY100-1_F,物理学入門

  • 2017年度,秋学期,PHY105-2_F,物理実験

  • 2017年度,秋学期,PHY105-1_F,物理実験

  • 2017年度,春学期,MAT100-1_S,教養数学

全件表示 >>