基本情報

写真a

奈良 寧


職名

教授

国籍

日本

研究分野・キーワード

原子核理論

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.aiu.ac.jp/~ynara

研究分野

My main interest is to explore and understand the ultimate properties of matter at extreme conditions such as the matter just after the Big-Bang. High energy nuclear collisions can create such hot and dense matter which was existed just after the Big-Bang. This state of matter is called Quark-Gluon Plasma (QGP). QGP is a new form of matter; protons and neutrons are melted to quarks and gluons. In particular, I am interested in understanding a spacetime evolution of matter created in the nuclear collisions.

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学 国際教養学部 基盤教育 数学・自然科学,教授,2013/04 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,1993/04 ~ 継続中,日本

専門分野 【 表示 / 非表示

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Dynamically Integrated Transport Approach for High-Energy Nuclear Collisions at High Baryon Density,JPS Conf.Proc.,26巻 (頁 024016-1 ~ 024016-4) ,2019/11,Koichi Murase,Yukinao Akamatsu, Masayuki Asakawa,Tetsufumi Hirano, Masakiyo Kitazawa,Kenji Morita,Yasushi Nara,Chiho Nonaka,Akira Ohnishi

    DOI:10.7566/JPSCP.26.024016,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,英語

  • Sensitivity of the excitation functions of collective flow to relativistic scalar and vector meson interactions in the relativistic quantum molecular dynamics model RQMD.RMF ,Physical Review,C100巻 5号 (頁 054902-1 ~ 054902-9) ,2019/11,Yasushi Nara, Horst Stoecker

    DOI:DOI: 10.1103/PhysRevC.100.054902,研究論文(学術雑誌),共著,英語

  • Comparison of heavy-ion transport simulations: Collision integral with pions and Δ resonances in a box,Physical Review,C100巻 4号 (頁 044617-1 ~ 044617-35) ,2019/10,Akira Ono, Jun Xu, Yasushi Nara et al.

    DOI:DOI: 10.1103/PhysRevC.100.044617,研究論文(学術雑誌),共著,英語

  • JAM: an event generator for high energy nuclear collisions,EPJ Web Conf,,208巻 6号 (頁 11004-1 ~ 11004-6) ,2019/05,Yasushi Nara

    DOI:10.1051/epjconf/201920811004,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,英語

  • The cumulants of the baryon number from central Au+Au collision at E lab = 1.23 GeV/nucleon reveal the nuclear mean-field potentials,Physical Review,C98巻 5号 (頁 054620-1 ~ 054620-10) ,2018/11,Yunxiao Ye, Yongjia Wang, Jan Steinheimer, Yasushi Nara, Hao-jie Xu, Pengcheng Li, Dinghui Lu, Qingfeng Li, Horst Stoecker

    DOI:doi:10.1103/PhysRevC.98.054620,研究論文(学術雑誌),共著,英語

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2017/04 ~ 2020/03,高エネルギー原子核衝突反応の統合模型の構築とQGP物性物理

  • 基盤研究(C),2017/04 ~ 2020/03,高エネルギー原子核衝突のための微視的輸送理論によるイベントジェネレータの開発

  • 基盤研究(C),2015/04 ~ 2018/03,宇宙線と星間ガスや大気の相互作用終状態を広帯域で再現するシミュレータの開発

  • 基盤研究(C),2015/04 ~ 2017/03,J-PARCエネルギー重イオン衝突におけるハドロン輸送再考

  • 基盤研究(B),2010/04 ~ 2014/03,超高エネルギー宇宙線と地球大気相互作用の量子色力学に基づく定量的 解析

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会 2020年次大会,国内会議,2020/03,名古屋大学,デルタマターとバリオン数高次揺らぎ,口頭(一般)

  • Quark Gluon Plasma Phenomenology and Experiments at RHIC and LHC,国際会議,2020/03,名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構(KMI) ,RQMD simulations with Relativistic Mean field model with momentum dependent potential ,口頭(一般)

  • 第 29 回 Heavy Ion Pub 研究会,国内会議,2019/10,広島大学理学部,pp, pA, AA 衝突のダイナミックスは同時に理解したか? QGP シミュレーションの理論の現状,口頭(一般)

  • 日本物理学会 2019年秋季大会,国内会議,2019/09,山形大学(小白川キャンパス),相対論的平均場理論の量子分子動力学シミュレーションによる集団 フローの解析,口頭(一般)

  • he 17th International Conference on QCD in Extreme Conditions (XQCD2019),国際会議,2019/06,Tsukuba University, Tokyo campus,Relativistic molecular dynamics approach for heavy-ion collisions at high baryon region,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,秋学期,PHY105-2_F,物理実験

  • 2019年度,秋学期,MAT150-1_F,代数学

  • 2019年度,秋学期,PHY105-1_F,物理実験

  • 2019年度,秋学期,PHY100-1_F,物理学入門

  • 2019年度,春学期,PHY100-1_S,物理学入門

全件表示 >>