基本情報

写真a

Clay WILLIAMS


職名

准教授

国籍

アメリカ合衆国

メールアドレス

メールアドレス

研究分野

Psycholinguistic Processes of Reading
Literacy Development
Adapting Pedagogical Methodology to East Asian Classrooms

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士, Second Language Acquisition and Teaching,アリゾナ大学,2010/05

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学 国際教養学部 英語集中プログラム,助教,2010/04 ~ 2012/08

  • 国際教養大学 グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院) 英語教育実践領域,助教,2012/09 ~ 2015/03

  • 国際教養大学 国際教養学部 英語集中プログラム,助教,2012/09 ~ 2015/03

  • 国際教養大学 国際教養学部 英語集中プログラム,准教授,2015/04 ~ 2017/03

  • 国際教養大学 グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院) 英語教育実践領域,准教授,2015/04 ~ 継続中

職歴 【 表示 / 非表示

  • Ota Junior High School, Ota-machi, Japan, ,1998/04 ~ 2000/03

  • American Language Academy, Madrid, Spain, ,2000/04 ~ 2001/03

  • Ming Der Girls' High School, Taichung, Taiwan, ,2001/04 ~ 2003/03

  • Ming Dao High School, Taichung, Taiwan, ,2003/04 ~ 2004/03

  • National Kaohsiung Normal University, Taiwan, ,2005/04 ~ 2006/03

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • Asia TEFL,2012/04 ~ 継続中,日本

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Expanding the individual research ‘bubble’ through student collaboration and mentoring.,Proceedings of the International Conference: Doing Research in Applied Linguistics 3 / English in South-East Asia Conference 2017 (頁 35 ~ 44) ,2017/06,Clay Williams

    研究論文(国際会議プロシーディングス),単著,英語学,英語

  • Word-level decoding mechanisms for Japanese and Chinese L2 English learners: L1 interference effects. ,Studies in English Language and Literature,39巻 (頁 51 ~ 76) ,2017/02,Clay Williams

    研究論文(学術雑誌),単著,英語学,英語

  • L1 literacy strategy impact on L2 word-priming effects,Thoughts,2016/1巻 ,2016/06,Clay Williams

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,英語学,英語

  • Japanese L2 English word recognition processes: Decoding sound vs. shape. ,Asian ESP Journal,11巻 3号 ,2015/12,Clay Williams

    研究論文(学術雑誌),単著,英語

  • Post-intensive instruction effects on L2 English lexical development,Asian EFL Journal,16巻 4号 ,2014/12,Clay Williams

    研究論文(学術雑誌),単著,英語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Teaching English in East Asia: A Teacher’s Guide to Chinese, Japanese, and Korean Learners,Springer Science and Business Media,2017/03,Clay H. Williams

    単行本(学術書),単著,英語学,外国語教育,英語

  • Teaching English Reading in the Chinese-Speaking World,Springer Science and Business Media,2016/05,Clay Williams

    単行本(学術書),単著,英語学,外国語教育,英語

  • Readings for Academic Writing,Akita International University Press,2016/03,Clay Williams, Rachael Ruegg, Naoko Araki, Mary Frances Agnello, Paul Chamness Miller, Lindsay DeWitt

    教科書,共編著,英語学,外国語教育,英語

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Lemma/Chapter contribution: Encyclopedia of Chinese Language and Linguistics. Brill Online, 2015.,2015/08

    その他

  • Book Review: English-Language Pedagogies for a Northeast Asian Context: Developing and Contextually Framing the Transition Theory. By Dimitrios Michael Hadzantonis. ,2013/08

    書評

  • Book Review: Begat. By David Crystal. ,2012/05

    書評

  • Book Review: Teaching and Researching: Reading (Second Edition). ). By William Grabe & Fredricka L. Stoller. ,2011/12

    書評

  • "Overtaking age with desire.",2011/09

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Huayu Enrichment Scholarship,2014/03/01,台湾,その他の賞,Ministry of Education, Republic of China,Clay Hunter Williams

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017/04 ~ 2020/03,児童の第二言語習得において年齢と教授法が語彙概念連結に与える影響

    本研究では、日本語を第一言語とする小学生が英語の語彙を学ぶにあたり、(1)第一言語である日本語訳を通して学ぶ方法と(2)絵などの視覚的イメージを通して、その単語の概念と英単語を直接結びつけて学ぶ方法のどちらがより効果的であるのかを検証することを目的とする。それぞれの方法で単語を教えた後、コンピュータを用いた簡単な語彙テストで、音声で与えられる英単語に対応するイメージまたは日本語のどちらにより早く回答できるかを検証する。本研究を通し、児童の語彙の習得により効果的な教授法が明らかとなり、その結果、小学校での英語授業または活動に向けて効果的な語彙教授法の提言が可能になる。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 25th Annual Korea TESOL International Conference,国際会議,2017/10,Seoul, Korea,Second language phonology: Are constraints psychological or biological?,口頭(一般)

  • Doing Research in Applied Linguistics 3/19th English in South-East Asia Conference 2017 (DRAL 3/19th ESEA),国際会議,2017/06,Bangkok, Thailand,Expanding the individual research 'bubble' through student collaboration and mentoring,口頭(一般)

  • 2017 JALT PanSig Conference,国際会議,2017/05,AIU, Akita, Japan,Concept mediation by elementary L2 learners,口頭(一般)

  • Japan Association for Language Teaching (JALT),国際会議,2016/11,Aichi Industry & Labor Center – WINC, Nagoya, Japan,Transforming Learning through In-House Textbooks,口頭(一般),外国語教育

  • 4th International Conference on Chinese as a Second Language Research (CASLAR),国際会議,2016/08,East China Normal University; Shanghai, China, PRC,Differentiation of Radical Processing Strategies in Character Decoding by L2 Learners of Chinese According to L1-type,口頭(一般),言語学,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,冬期プログラム,ELT701-1_W,英語教育実践法と実習 1

  • 2017年度,冬期プログラム,ELT700-1_W,英語教育実践法と実習

  • 2017年度,冬期プログラム,ELT702-1_W,英語教育実践法と実習 2

  • 2017年度,冬期プログラム,ELT703-1_W,英語教育実践法と実習 3

  • 2017年度,秋学期,ENG180-1_F,言語学

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • University Consortium: Akita High School-University Joint Course Program,2017/12

    Presented a lecture entitled "How the brain learns language: What psycholinguistics can tell us about language" at the Akita High School-University Joint Course Program.

  • Waseda Juku: Super English Workshop,2017/11

    -

  • Eiken Examiner,2017/11

    Oral Examiner for Eiken

  • Lecture: ‘One Day College’ event at Honjo High School (Akita, Japan),2017/10

    Delivered an invited lecture entitled "Linguistic Science: What do we know about how language works?" to high school students.

  • Practical English Teaching Workshop,2017/08

    Conducted a demonstration lesson entitled "Un-presenting vocabulary!" Participated in a panel discussion.

全件表示 >>