基本情報

写真a

嶋 ちはる


職名

助教

国籍

日本

メールアドレス

メールアドレス

学歴(大学院) 【 表示 / 非表示

  • ウィスコンシン大学マディソン校  第二言語習得研究科

    博士課程,2014/05,修了,アメリカ合衆国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士, 第二言語習得,ウィスコンシン大学マディソン校,2014/05

  • 修士, 応用言語学,モナッシュ大学,2007/03

  • グラデュエートディプロマ , 応用言語学,モナッシュ大学,2004/03

  • 学士, 日本語日本文化,筑波大学,2002/03

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学 国際教養学部 日本語プログラム,助教,2014/04 ~ 2017/03

  • 国際教養大学 グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院) 日本語教育実践領域,助教,2017/04 ~ 継続中

  • 国際教養大学 国際教養学部 日本語プログラム,助教,2017/04 ~ 継続中

職歴 【 表示 / 非表示

  • モナッシュ大学 文学部言語文化学科,非常勤講師,2003/03 ~ 2004/06

  • グルノーブル第三大学 現代言語学科,講師,2004/09 ~ 2005/06

  • モナッシュ大学 文学部言語文化学科,非常勤講師,2005/07 ~ 2006/06

  • 立命館アジア太平洋大学 言語インスティテュート,非常勤講師,2006/10 ~ 2007/08

  • ウィスコンシン大学マディソン校 東アジア言語学部,日本語ハウスコーディーネ-ター,2007/08 ~ 2009/05

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育学会,2005/04 ~ 継続中,日本

  • 社会言語科学会,2014/09 ~ 継続中,日本

  • アメリカ応用言語学会,2010/09 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • アメリカ日本語教師会,2009/04 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 専門日本語教育学会,2016/04 ~ 継続中,日本

専門分野 【 表示 / 非表示

  • 第二言語習得

  • 応用言語学

  • 日本語教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Epistemic management in the material world of workplace: A study of nursing shift handovers at a Japanese Geriatric Healthcare Facility,Journal of Pragmatics,109巻 -号 (頁 64 ~ 81) ,2017,Junko Mori, Akiko Imamura, Chiharu Shima

    研究論文(学術雑誌),共著,英語

  • 外国人看護・介護人材受け入れに関する調査研究プロジェクト「介護人材受け入れに関する提言」,国際教養大学アジア地域研究連携機構研究紀要,3巻 (頁 35 ~ 49) ,2016/08,秋葉 丈志, 橋本 洋輔, 嶋 ちはる

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,日本語

  • 経済連携協定で来日した外国人看護師候補者のアイデンティティ:看護師、妻、母としての選択,淡江日本論叢,32巻 (頁 93 ~ 116) ,2015/12,嶋ちはる

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,日本語

  • Co-construction of “doctorable” conditions in multilingual medical encounters: Cases from urban Japan,Applied Linguistics Review,5巻 1号 (頁 45 ~ 72) ,2014/04,Junko MORI, Chiharu SHIMA

    研究論文(学術雑誌),共著,英語

  • 「国際交流基金関西センターとの連携による交流活動」,『関西学院大学日本語教育センター紀要』,3巻 (頁 5 ~ 18) ,2014/03,佐々木良造,亀井元子,嶋ちはる

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,日本語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「外国人看護師のための語彙シラバス」森篤嗣(編)『ニーズを踏まえた語彙シラバス』,くろしお出版,2016/10,嶋ちはる

    単行本(学術書),分担執筆,日本語

  • 「「社会」のなかに学習と学習者をとらえる」神吉宇一(編) 『日本語教育 学のデザイン その地と図を描く』,凡人社,2015/05,嶋ちはる

    単行本(学術書),分担執筆,日本語

  • Toward advanced Japanese Language Proficiency,Central Association of Teachers of Japanese ,2009,Atsushi HASEGAWA, Chiharu SHIMA, Junko MORI

    その他,編著,英語

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 「看護・介護の職場における外国人とのコミュニケーション」『地域ケアリング』2016, 18 (7), pp.90-94.,2016/07 ~ 2017/07

    その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2015/04 ~ 2018/03,外国人看護・介護人材の職場におけるコミュニケーションの研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ユニベール財団研究助成,2010/11 ~ 2011/10,介護・看護に従事する外国人の職場適応実態に関する調査研究

    ユニベール財団

  • 松下幸之助記念財団 研究助成,2010/10 ~ 2011/04,日本における外国人看護師・介護福祉士候補生の職場適応に関する縦断的研究

    松下幸之助記念財団

  • International Research Award,2010/06 ~ 2010/08,Language socialization process of foreign care providers in Japan

    海外

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 秋田日本語教育研究会,国内会議,2017/02,国際教養大学,「秋田大学と国際教養大学の日本語クラスの合同授業の試み」,口頭(一般)

  • シンポジウム「新しい初級の話」,国内会議,2017/02,聖心女子大学,「初級からの語彙の学習・教育②-看護現場の事例-」,口頭(一般)

  • Applied Linguistics Association of Australia (ALAA) annual conference,国際会議,2016/12,Monash University,L2 interaction process at work: An ethnography of internationally educated nurses (IEN) in Japan,口頭(一般)

  • 日本語教育学会秋季大会,国内会議,2016/10,ひめぎんホール,「接触場面における介護従事者間のコミュニケーションー「申し送りノート」に記載された事項確認のやりとりを例にー」,ポスター(一般)

  • <移動の中の「日本」-空間・言語・記憶>国際学術研討会,国際会議,2015/06,移動する人々ー言語とアイデンティティの多様性,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,冬期プログラム,JPN563-1_W,時事問題読解

  • 2017年度,冬期プログラム,JPN463-1_W,時事問題読解

  • 2017年度,冬期プログラム,JPL532-1_W,日本語実践

  • 2017年度,冬期プログラム,JPN532-1_W,日本語実践

  • 2017年度,冬期プログラム,JPL563-1_W,時事問題読解

全件表示 >>

教育活動 【 表示 / 非表示

  • 大館鳳鳴高等学校 スーパーサイエンスハイスクール「大学研究室訪問」授業,2016/05

  • 平成28年度日本語指導支援サポーター研修会 ,2016/04

  • 平成27年度(前期)秋田県高大連携授業,2015/06

  • 筑波大学日本語日本文化学類キャリア支援講演会 ,2012/07

  • 筑波大学日本語日本文化学類 キャリア支援講演会 ,2011/07

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 社会言語科学会,2015/04 ~ 継続中

    大会委員