基本情報

写真a

Christopher Carl HALE


職名

准教授

国籍

アメリカ合衆国

学歴(学部) 【 表示 / 非表示

  • カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校  文芸学部  英文学

    大学,1997/04,卒業,アメリカ合衆国

学歴(大学院) 【 表示 / 非表示

  • コロンビア大学ティーチャーズカレッジ  言語科学研究科  TESOL

    修士課程,2006/02,修了,アメリカ合衆国

  • コロンビア大学ティーチャーズカレッジ  言語科学研究科  応用言語学

    修士課程,2009/02,修了,アメリカ合衆国

  • ノースイースタン大学  教育学研究科  カリキュラム、教授法及びリーダーシップ

    博士課程,2015/02,修了,アメリカ合衆国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • English Literature, 英米・英語圏文学,California State University, Los Angeles,1997/04

  • TESOL, 言語学,Columbia University, Teachers College, Graduate School, Division of Linguistic Sciences,2006/02

  • Applied Linguistics, 言語学,Columbia University, Teachers College, Graduate School, Division of Linguistic Sciences,2009/02

  • Curriculum, Teaching and Leadership, 教育学,Northeastern University, Graduate School, Division of Education,2015/02

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際教養大学 グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院) 英語教育実践領域,准教授,2016/09 ~ 継続中

職歴 【 表示 / 非表示

  • 茨城県立竹園高等学校 国際科,兼任講師,2001/10 ~ 2006/07

  • ニューヨーク市立大学シティカレッジ English Language Institute (ELI),常勤講師,2006/12 ~ 2009/03

  • 国際基督教大学 リベラルアーツ英語プログラム,講師,2009/04 ~ 2013/07

  • ニューヨーク大学プロフェッショナル学部東京校,館長,2013/08 ~ 2016/07

専門分野 【 表示 / 非表示

  • Education on school subjects and activities

  • Sociology of education

  • Linguistics

  • Foreign language education

  • Education on school subjects and activities

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Self-assessment as academic community building: A study from a Japanese liberal arts university,Language Testing in Asia,5巻 1号 (頁 1 ~ 12) ,2015/02,Chris C Hale

    DOI:10.1186/s40468-014-0010-0,研究論文(学術雑誌),単著,教育社会学,教科教育学,英語

  • Language teaching and learning for general education: Moving beyond the communicative paradigm to “English for Liberal Arts.” ,General Education and University Curriculum Reform: An International Conference in Hong Kong (頁 65 ~ 69) ,2014/06,Chris Carl Hale, Paul Wadden

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,外国語教育,教育社会学,英語

  • Power, position and autonomy: Student conflict in a communicative language classroom,Working Papers in TESOL & Applied Linguistics,12巻 1号 (頁 1 ~ 17) ,2012/09,Chris Hale

    研究論文(学術雑誌),単著,教科教育学,英語学,英語

  • Student self-assessment of high-stakes tests: An exploratory study in an English for liberal arts Program.,ICU Language Research Bulletin,27巻 1号 (頁 1 ~ 6) ,2012/03,Chris Hoskins, Chris Carl Hale

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,英語学,教科教育学,英語

  • Googling perseverance: How an academic online community thrived in the wake of Japan's devastating disasters,Idiom,41巻 1号 ,2011/09,Chris Hale

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),単著,教育学,英語

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Negotiating the effects of transnational education: The experience of graduate students in an American teacher-education program in Japan.,ProQuest LLC,2015/03,Chris Carl Hale

    単行本(学術書),ALL,単著,外国語教育,教育学,英語

  • Charting new courses: Second language action research in Japanese junior and senior high schools,Accents Asia Press,2008/04,Chris Hale, Janell Pekkain, Kristen Carlson

    単行本(学術書),1-142,共著,教科教育学,外国語教育,英語

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017/04 ~ 2019/04,東北地域の教員を対象とした英語教授法研修

    文部科学省が新学習指導要領において求める外国語教育に関する教育目標を達成するために、小学校・中学校・高校の教員に求められる知識や技術を身に付けるための研修を、東北地方の小学校・中学校・高校の教員を対象に実施するものである。生徒のコミュニカティブな英語のスキルを向上させるため、英語の授業において求められる実践的な指導法スキルを学ぶとともに、各地から集まった先生方とのネットワークを広げ、専門性を高める場を提供する。研修は主に英語で実施するものであるが、小学校の教員については、必要に応じで日本語のサポートを行う。本研修は日本学術振興会研究費助成事業によるものであるため。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Federal Assistance Award, US State Department ,2017/10 ~ 2019/10,教員を対象とした英語教授法研修

    小・中・高等学校の現職教員を対象とし、生徒のコミュニカティブな英語のスキルを向上させるため、英語の授業において求められる実践的な指導法スキルを学ぶ3日間の集中セミナーシリーズです。セミナーは小学校教員対象と中・高英語教員対象の2つを実施し、年齢に応じた第二言語習得における課題や教授法について、実際の授業でどのように実践するかを議論し、理解を深めます。さらに各地から集まった先生方とのネットワークを広げ、専門性を高める場を提供します。

    US Department of State

  • Federal Assistance Award, US Consulate General Sapporo,2017/08,教師養成、カリキュラムデザイン

    このプログラムは、北海道・東北地方の小・中・高等学校の現職教員の方々を対象としております。2日間を通して、英語で教える、コミュニカティブな授業に必要な実践的なスキルを学びます。それぞれの校種向けのワークショップでは、第二言語習得における課題や、教授法をどう実際の授業で実践するかを議論し、深めます。日本語によるサポートもございますので、ご安心ください。参加者の皆さんが実際の授業で英語を使えるようになり、北日本から集まった先生方とネットワークを広げ、専門性を高められるような場を提供します。

    在札幌米国総領事館

  • Federal Assistance Award, US State Department,2015/08 ~ 2016/08,Language Teacher Education

    In collaboration with the New York University, the U.S. Embassy in Tokyo sponsored a series of three intensive, four-day TESOL training programs to a total of 150 Japanese teachers of English in order to provide them with the skills needed to fulfill their evolving roles in Japanese classrooms adopting the communicative language teaching (CLT) methodology.

    US State Department

  • Fulbright and US State Department,2014/07 ~ 2015/07,Language Teacher Education

    In collaboration with the New York University, the U.S. Embassy in Tokyo sponsored a series of three intensive, four-day TESOL training programs to a total of 150 Japanese teachers of English in order to provide them with the skills needed to fulfill their evolving roles in Japanese classrooms adopting the communicative language teaching (CLT) methodology.

    海外

研究発表 【 表示 / 非表示

  • US Embassy-sponsored English Teacher Workshop,国内会議,2017/11,American Center, Tokyo,Teaching Grammar Communicatively,口頭(一般),教育学

  • JALT 2017,国際会議,2017/11,Tsukuba Congress Center,Categorizing Code Switching: Functions in Classroom Discourse,ポスター(一般),教育学

  • Miyagi Prefecture ALT Skills Development Conference,国内会議,2017/10,宮城県仙台市,Team-Taught TESOL: Methods for Active Student Learning,口頭(一般),教育学

  • JALT PANSIG Conference,国内会議,2017/05,Akita International University,Mind Brain Education SIG Forum: John Dewey and Second Language Pedagogy,口頭(一般),哲学・倫理学

  • 13th Annual CamTESOL Conference ,国際会議,2017/02,Institute of Technology Cambodia (ITC),Code-switching in group discussion: Exploring its function and value,口頭(一般),教科教育学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,秋学期,ELT700-1_F,英語教育実践法と実習

  • 2018年度,秋学期,GCP631-1_F,言語、文化とアイデンティティ

  • 2018年度,秋学期,ELT600-1_F,外国語習得法概論

  • 2018年度,秋学期,ELT702-1_F,英語教育実践法と実習 2

  • 2018年度,秋学期,GCS601-1_F,言語、文化とアイデンティティ

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • Coordinator of the US Embassy in Tokyo-sponsored teacher training programs,2014/07 ~ 継続中

    Design and provide a series of three multi-day training sessions for secondary school teachers in Japan. Focus is implementing the MEXT guidelines, and in particular, communicative language teaching methods (CLT).

  • TESOL Journal Reviewer,2012/04 ~ 継続中

    Since 2012, I have served as a reviewer TESOL Journal. I evaluate the submissions and when the submission meets publication standards, advise the author on how to revise their research for eventual publication with TESOL.

  • JALT National Conference Proceedings Reviewer,2008/04 ~ 継続中

    Since 2008, I have served as a reviewer for the submissions to the JALT National conference proceedings publication. I evaluate the submissions and when the submission meets publication standards, advise the author on how to revise their research for eventual publication with JALT.

  • Chief Editor of Accents Asia, the journal of the alumni association of Columbia University, Teachers College Tokyo Campus,2008/04 ~ 継続中

    Edit and maintain the academic journal founded in 2008. The journal publishes original research throughout Asia on language education.